BLOG

【2024】ホームページ作成の費用・相場を解説

最終更新日: 2024年06月21日

こちらのページではホームページ制作の依頼で失敗しないために制作費用の仕組み、依頼で失敗しないためのポイントを解説しています。

HOMELY
HOMELY

ホームページ制作会社によって金額がピンキリなのはなぜか?
ズバリ人件費を中心とするコストが会社によって全然違うからです!
そしてホームページのクオリティも制作会社によってピンからキリまであります


ホームページの依頼で失敗しないために大事なことは2つです。
「依頼先に満足できる制作クオリティがあるか」
「予算におさまっているか


今回はそんなホームページの制作費用について解説します。
↓↓↓↓↓

ホームページが必要になり、ホームページ作成会社に依頼することを決めたものの、費用や相場が分からず、戸惑っている方は多いのではないでしょうか。

実際、ホームページの作成は数万円でできるものから100万円以上かかる会社もあり、見積もりを集めるのも実は難しいです。

ホームページ作成を依頼する上で大事なのは「どのような目的でホームページを作るか」を決めておくことです。そのため作るページ内容とオプション機能によってホームページの作成費は大きく変わります。

これらの内容が整理されてようやく依頼先をどこにするのか見積もりを取ることができます。
見積もりを取る内容がバラバラでは比較ができないので注意が必要です!

ポイント

・ホームページに必要なページ数を決める
例)通常は5~10ページ程度

・ホームページに必要な機能を決める
例)予約機能、決済機能、ブログ機能、更新機能など

ホームページ作成の目的は

集客・売上を増やしたい

アクセス数を増やす

ホームページからサービスへの問合せを増やしたい、店舗への来客を増やしたい場合にはアクセス数や問合せ率を意識したホームページが有効です。

採用・ブランドを強化したい

集客・売上を増やしたい

採用やブランドの強化を目的としたホームページの場合、会社の魅力が伝わるよう意識しましょう。
掲載するテキストや写真選びが重要です。

認知度を上げたい

更新しやすい仕組みの導入

会社やサービスの認知をを上げたい場合には、ホームページを更新しやすい仕組みが重要です。

とりあえずWEBサイトが必要

早さとコストにこだわる

助成金・補助金の申請や、各資格取得にあたりホームページが必要なケースがあります。
いかに早く安く作れるか。

ホームページ作成の相場が決まる要因

ホームページ作成の費用はピンからキリまであります。

最安だと無料でホームページを作れるサービスもあります。

また、本格的なネットショップを立ち上げようとホームページ作成会社に依頼する場合など、100万円以上を超えるホームページ作成もあります。

作成工数が多いと費用も高くなる

作成工数とはホームページを作る上で手間となる作業のことです。
代表的な工数としては、
・ページ数
・デザイン
・追加機能

があります。

工程が増えれば増えるほどホームページの質が上がる一方、当然作成会社の負担は増えます。
その分必然的に費用も高くなります。

HOMELY
HOMELY

どこに依頼するにしてもページ数や機能が増えるごとに費用も増えていきます。だからこそ、必要なページ、必要な機能を整理しましょう!
どのページが必要でどの機能が必要ないのか相談できる会社や担当者だと、最終的に満足度の高い依頼につながります!

作成費用①ページ数

ページ数が増えるほど費用は上がります。
ページが少ないと作業時間、必要な人員も少なく済むので安くなります。

よくあるページ構成
TOP
┗事業内容・サービス内容
┗会社案内(挨拶・概要)
┗お知らせ
┗お問合せ
┗採用情報
*上記に加えて料金表や実績一覧など必要なページを追加するイメージです。

作成費用②デザイン(テンプレートorオリジナルデザイン)

デザインをテンプレートで済ませるか、オリジナルデザインにするかで費用が変わります。

テンプレートとはホームページの元となるソースコードを事前に用意しておき、そこに画像やテキストを当てはめていく作り方になります。

イメージはスーツを購入する場合に、店頭で置かれた吊るしのスーツで済ませるか、オーダーメイドのスーツにするかに近いです。

テンプレートを使用するほうが安くすみます。オリジナルデザインにすると会社の特徴がより表現できる可能性があります。

HOMELY
HOMELY

「世界に1つだけの独自なホームページを持ちたい」というこだわりがなければテンプレートの使用もオススメです。とくにコーポレートサイト(会社用のホームページ)は似た作りになることが多いので独自な構成で作るよりも、決まった枠組みに画像やテキストを用意していくほうが依頼者の負担も少なくすみます。

作成費用③追加機能

追加機能とは、お問い合わせフォームや決済機能など通常のホームページに加えて、独自の機能を盛り込むことです。
通常の制作に加えてシステム開発の追加工数が発生するため費用がかかります。

ただし、作成するホームページによって必要なものと不必要なものがはっきり分かれているので、「便利だから追加する」というよりは「必要だから追加する」場合が多いです。

よくある追加機能(例)

  • 予約機能 飲食店や不動産などで日程を予約できる
  • 決済機能 ホームページ上でクレジット決済などが行える
  • ブログ機能 日々の情報を管理画面から投稿できる
  • SNS連動機能 インスタグラムやyoutubeを自動でホームページに反映できる

ホームページ作成の相場(作りたいホームページの種類別)

ホームページを会社の看板代わりに使用したり、採用のために使用したりと目的によってホームページの機能やページ数も変わります。

よくあるホームページの種別と相場をまとめました。

HOMELY
HOMELY

ホームページの作成費用維持費用の2つにわけて考えておくと間違いないです。
作成費用については見積もり時にページ数、機能を整理しましょう。

コーポレートサイト(サービスサイト)作成の相場
(10万円~100万円) ページ数5~10程度

コーポレートサイトとはよくある会社やお店のホームページのことです。

会社案内やお知らせ、アクセスなど必要になります。ページ数もシンプルになるため費用もそこまでかからないケースが多いです。

コーポレートサイトのページ構成例

TOP
┗事業内容・サービス内容・料金表
┗会社案内(挨拶・概要)
┗お知らせ
┗お問合せ
┗採用情報

*上記に加えて料金表や実績一覧など必要なページを追加するイメージです。

コーポレートサイトの追加オプション例
・ロゴ制作
・他言語対応
*コーポレートサイトの制作では追加の費用が発生する可能性は低いです。

ランディングページ作成の相場
(5万円~80万円) ページ数1

ランディングページには広義と狭義の2つの意味があります。

広義では検索流入や広告などによってユーザーが最初に到着ページのことです。

狭義では訪問者の商品やサービス購入へと繋げるための導線となるページのことです。
ここでのランディングページは狭義をさします。

ランディングページは1ページだけです。その1ページに商品の魅力を詰め込み、問い合わせや購入といった行動をユーザーに促さなければなりません。

ページは少ないですが、企業にとっては売上に関わる大事なページです。

そのため、1ページのみでも5万円が最安値の目安となります。また、他社との差別化を図りたいなど、販売戦略からディレクションを依頼する場合は更に高額になります。

ランディングページの構成例

TOP
┗商品の説明
┗価格
┗機能
┗よくある質問
┗お客様の声

*ランディングページは対象となる製品によって内容もだいぶ変わります。
またページの出来次第で売上を左右するため、1ページとはいえ掲載する情報はしっかり吟味する必要があります。

ランディングページの追加オプション例

・企画
・文章作成代行
*文章の作成や掲載内容の企画を自前で用意するのは大変です。こちらがランディングページの制作費用に含まれているかは事前にチェックしておきましょう。

採用サイト作成の相場
(30万円~100万円以上) ページ数1~10

採用サイトとは求人をするためのサイトです。

採用サイトはコーポレートサイトの1つとして入っている場合と単独で作られている場合の2通りがあります。どちらにせよ、相場は高めに設定されています。

コーポレートサイトに比べて自社の特徴を伝えるため、オリジナルのデザインでページにも動きをつけたり動画を組み込むケースも多いです。

採用サイトの目的は自社のことを知ってもらい、求職者に応募して貰うことです。

そのためには、自社がどのような会社なのか、どのような人物を求めていてどうやって選考するのかなどを記載しなければなりません。

自社を知ってもらおうとするほどページ数は多くなります。

最低でも30万円ほど見積もっておくと良いでしょう。

仮にオリジナルサイトを導入して作成したい場合、100万円以上の費用が必要です。

採用サイトの構成例

TOP
┗募集要項
┗働いているメンバーの紹介(働き方)
┗会社の魅力を紹介

*ランディングページは対象となる製品によって内容もだいぶ変わります。
またページの出来次第で売上を左右するため、1ページとはいえ掲載する情報はしっかり吟味する必要があります。

ランディングページの追加オプション例

・写真撮影
・文章作成代行
*採用サイトではとにかく写真が大事です。写真はプロのカメラマンへの依頼をご検討ください。

ECサイト作成(通販サイト)の相場
(8万円~100万円以上) ページ数10~

ECサイトとはインターネット上で商品を売るためのサイトです。

ECサイトの費用も商品数やこだわりによって大きく変動するため、幅が広いです。

例えば、モール型のECサイト作成であれば10万円以内で作成ができます。

モール型とはショッピングモールのように1つの巨大通販サイト(Amazon、楽天市場など)のページを借りて出店する形式です。

テナント料や売り上げからロイヤリティを支払う必要があるため、毎月の運営費がかかる点には注意が必要ですが、テンプレートにそって商品を当てはめるだけのため、費用を抑えてECサイトの作成ができます。

手ごろな価格でオリジナルECサイトを作りたいであれば、ASP型を作成しましょう。

ASP型とは業務用のアプリケーションソフトをブラウザ上で使えるように設計されたサービスです。

システムをレンタルするので、サーバー管理やシステム構築といった手間をかけずにオリジナルなECサイトを利用できます。

大規模なデザインカスタマイズはできませんが、月額費用はモール型よりも抑えられ、初期費用相場も10万円からなので、気軽にオリジナルECサイトを作りたい方にはおススメです。

逆にカスタマイズしやすいECサイトだと費用は高くなります。

「Magento」や「WordPress」を活用すると、オリジナルデザインで作成したり、業務に合わせてシステムの仕様変更ができたりします。取扱い商品数やデザインの凝り具合にもよりますが、最低でも100万円ほどの予算が必要です。

ECサイトの構成例

TOP
┗商品一覧
┗商品詳細
┗会社案内
┗決済方法、送料等の案内
┗ユーザーマイページ
┗カートページ
┗特定商取引
*通販サイトでは1ページごとの内容を充実させたり、支払い方法などサービス説明のページなど以外とページ数が必要になります。

通販サイトの追加オプション例

・写真撮影
・クレジット決済やコンビニ決済機能
・サブスク決済機能
・デザインシミュレーター
・オンライン見積もり機能
*ECサイトの追加機能は多岐にわたります。最初は最低限の機能でスタートするにしても将来的に必要な機能の費用感を把握しておくことで後々のトラブルを避けることができます。

HOMELY
HOMELY

ここまでが作成費用の解説になります。
ページ数や必要な機能は整理できましたか?

ホームページの維持費用の相場

ホームページは作成して終わりではありません。

ホームページに不具合があれば修復の必要がありますし、ときにはデザインの更新やアナリティクスの解析をお願いすることも必要です。

また、ホームページ作成会社に頼らずとも、サーバーやドメインといったホームページの維持費用はかかります。ホームページ作成後に費用はどのくらいかかるのか、相場をまとめました。

ホームページ作成後の費用 ①維持費

ホームページを公開するときはドメインとサーバーが必ず必要になります。

中規模以下のホームページであれば、ドメインは年間数千円、サーバーは毎月数千円ほどの料金です。

ホームページ作成会社に相談すれば、最適なドメインとサーバーを選んで契約してもらえます。

ドメインとサーバーはホームページの核となるものです。

数年単位で契約の更新が必要なので、忘れずに行いましょう。

また、ホームページ作成会社に管理を任せている場合は管理費に含まれていることもあります。

ホームページ作成後の費用 ②管理費

管理費はホームページ作成会社に、ホームページの簡単な修正や文章・画像の差し替えを依頼する場合にかかる費用のことです。

「月額○円」とサブスクリプションで決まっている形態、「修正1回○円」とその都度料金を支払う形態の2種類が主流です。

相場は作成会社によってピンキリですが、月額制だと最低5000円ほど、文章の修正費用は1回1,000円以上、画像の差し替えは3,000円以上が目安となります。

細かい修正で毎回見積もりや料金の確認を行うと修正作業が滞るため、大まかに毎月何時間までの修正を〇〇円と決めて対応しているケースが多いです。

他にも、モール型のECサイトの場合やホームページのリース契約を結んでいる場合は更に料金がかかります。

ホームページ作成後の費用 ③運用費

運用費とは作成会社が依頼者の目的を達成するために手助けをする際に発生する費用のことです。
代表的なものだとSEO対策や広告の運用代行があります。

SEO対策はインターネット検索をした際に上位で表示されるよう工夫を行うものです。SEOは上位に表示されるほど見込み客にアプローチができるため、インターネットにおいては重要な役割を持っています。

しかし、SEO対策は日々難しくなっており、専門会社に頼ることが多くなっています。

費用は成果報酬型のプラン、月額制のプランなど複数ありますが、きちんと対策するのであればひと月当たり数十万円は必要です。

HOMELY
HOMELY

まとめますと制作費用だけではなく、維持費用も依頼前にしっかりチェックしておきましょう。一度ホームページを作ると数年は維持費用がかかるはずです!

ホームページ作成を
どこに依頼するか!?

ホームページ作成料金の相場はおよそ5万円~200万円の幅で依頼されるケースが多いです。

作成する会社の規模や体制によって金額やクオリティに幅があります。

料金の仕組みやサービスの選択肢を理解することでホームページ作成依頼時の参考に役立てばと思います。

フリーランスに依頼するメリットは費用を抑えられることです。

作成会社に依頼した場合、オフィスの維持費やバックオフィスの方の人件費も考えた価格設定となってします。
フリーランスの場合はこうしたコストがないため、作成費用が安く設定されています。

作成会社に依頼するメリットは安定したクオリティーが保障されていることです。

フリーランスの場合、仕事にムラがある可能性があり、実績のみで評価することは難しいです。

作成会社に依頼すると、複数人でホームページの確認が行われるため、安定した仕事が期待できます。

また、依頼先の特徴として、中小作成会社は比較的安く依頼できること、大手作成会社は経験豊富な実績から、より大きな信頼があることが挙げられます。

ホームページ作成
料金目安

個人・フリーランスに依頼5万円〜100万円
中堅企業に依頼20万円〜150万円
大手に依頼100万円〜1500万円

クオリティ

個人・フリーランスに依頼低い〜高い作成者によってクオリティにバラツキがあります。
中堅企業に依頼普通〜高い低いクオリティの作成はあまりみかけません。高品質を期待する場合、見極めが重要です。
大手に依頼高いどこに依頼しても各専門の担当者がいるため、クオリティの期待が出来ます 。

依頼難易度

個人・フリーランスに依頼難しい作成難易度は最も高いです。身近に信頼出来るフリーランスの方がいればぜひ。
中堅企業に依頼普通比較的クオリティは安定しているので、作成の目的が明確であれば目当ての企業も見つけやすいです。
大手に依頼低い間違いがないホームページが出来が上がります。予算に余裕があればおすすめです。

ホームページの
作成期間

個人・フリーランスに依頼2週間〜1ヶ月程度基本的には一人で作るため、作成期間は短いです。
中堅企業に依頼1ヶ月〜2ヶ月程度低いクオリティの作成はあまりみかけません。高品質を期待する場合、見極めが重要です。
大手に依頼2ヶ月〜4ヶ月程度チーム体制で作成し、確認作業や作り込みにもしっかり時間をかけます。

ホームページ作成会社の依頼先は費用よりも信頼で選ぼう

ホームページ作成会社を選ぶ際、費用のみで決めるのは危険です。

選んだ業者先によっては納得のいくホームページを作成してもらえず、トラブルになることも考えられます。

トラブルを避けるため、ある程度の予算で絞ったうえで、信頼できるホームページ作成会社を選ぶことが大切です。

フリーランスの方に依頼する場合の一番のトラブルは「連絡が取れなくなるです。個人で制作されているため、体調等何かしらの原因で連絡が取れなくなってしまうことが多々あります。

ホームページ依頼時よくあるトラブル

・依頼後に制作者と連絡が取れなくなる。(入金済み)→制作中断
・制作後に制作者と連絡が取れなくなる。→ホームページの更新が停滞
・制作費用が途中から追加で発生する →言った言わないのトラブル

デザイン力

ホームページのデザインにこだわる場合、作成会社のデザイン力も重要となります。

まずは作成会社の実績を確認してみましょう。業種によってデザインは大きく変わるので、イメージに近い実績があるかをしっかり確認する必要があります。

その他にも、事前にホームページの完成イメージを共有するなど、そのホームページ作成会社が信頼できるのか検討しましょう。

技術力

システムが関わる制作を依頼する場合、追加の費用が発生しやすいです。

注意点としてシステム開発を社内で行なっていない制作会社がほとんどということです。制作会社の対応はよくてもシステム開発に関しては外注先の開発会社の対応次第になります。

HOMELY
HOMELY

システムは使ってみると必ず調整したいポイントが出てきます。その時に対応してもらえないケースや費用が予想よりもかかってしまうことが多いので注意が必要です。依頼先でシステム開発の対応ができるかチェックしてみてください!

細かい対応に応じてくれる

依頼したホームページ作成会社が丁寧に対応してくれる会社なのか見極めましょう。
例えば、見積書が出たときに
・料金設定や工程を細かく説明してくれるか
・追加の修正が発生したときに対応が可能かどうか

を確認すると良いです。

また、その際のレスポンスのスピードもチェックして、信頼できるかの判断材料とするべきです。

品質の担保、細かい部分のチェック

依頼先が大きくなるほど品質の担保が期待できます。

具体的にはスマートフォンやタブレット等複数のデバイスやブラウザでの表示チェック、誤字脱字のチェック。
テスト環境での制作、データのバックアップ、セキュリティ対策などです。

まとめ

ホームページ作成の相場は作成工数と依頼先によって決まります。作成工数はホームページ作成にかかる手間のことです。

作りたいホームページの種類、どこまでオリジナリティーを求めるかで相場が変わってきますので、事前にどのようなホームページを作りたいかをイメージしておきましょう。

依頼先はフリーランスが最も安く済みますが、求める技量に達しているのか見極める必要があります。

また連絡が制作時、制作後に取れなくなるというリスクがあります。

ホームページ作成会社だと費用はかかりますが、一定以上のクオリティーが保障されるため、信頼はしやすいでしょう。

今回の記事を参考に納得がいく依頼先を見つけてみてください!